『GOLDEN SHEEP』 2012-2013

2009年、僕はパリからロンドンへ向かう電車に乗っていた。ドーバー海峡を抜け、イギリスの土地が見えてくる。夕方の霧が、幽霊のように海辺をさまよっていた。海にそびえる崖の上に閑散と木々が並んでいる。僕は白く霞んだ緑の中に小さな点をいくつか見つけた。「あれは何だ?」と思って目を凝らすと、羊だった。僕は生まれて初めて羊を見た。列車に乗っている一瞬の出来事だったが、その霧に包まれた羊のいる光景の美しさは僕を魅了した。

芸術にとって重要な観念である「美」という文字は、「羊」から誕生したと言われている。洋の東西を問わず、古代において羊は日常的な食料や衣服に使われるだけでなく、神への犠牲として捧げられていたのだった。その重要性が「美」という抽象概念に結びついたと妄想すると、僕がイギリスで見た光景は「美の起源」とも言えるのかもしれない。そう考えると、僕はまたしても魅了された。

現在、日本における最古の羊の絵画は、正倉院の『羊木臈纈屏風』だろう。そこには大陸風を思わせる羊が抽象的に描かれている。その抽象性は僕に羊の原型のようなものを想起させるが、劣化によって透けた半透明の体は、今にも消えていなくなってしまいそうだ。僕は、それに代わる羊を用意しなくてはいけないと思うようになった。